頭皮の臭いが発生する原因

頭皮を清潔に保っているつもりでも、臭いが発生してしまうことがあります。今回は、頭皮の臭いが発生する原因について、代表的なものを3つご紹介していくことにしましょう。

 

1つ目は、雑菌の繁殖による臭いです。フケや皮脂が頭皮にこびりついてしまうと、雑菌の餌となり繁殖を促してしまいます。その結果、頭皮が炎症を起こして臭いの元となるのです。

 

2つ目は、加齢臭です。加齢臭の原因は、酸化してしまった皮脂にありますが、この酸化した皮脂のことを過酸化皮脂と呼んでいます。

 

過酸化皮脂は、ある程度の年齢になってから分泌されるパルミトオイレン酸に反応することで、加齢臭独特の臭いを発するノネナールを発生させるのです。

 

年齢が若い頃は、体内で作り出される抗酸化物質が皮脂の酸化を抑制しますので、加齢臭が発生することはまずありません。しかし、年齢と共に抗酸化物質を作り出せなくなってくると、加齢臭の原因を作ることになるのです。

 

最後の3つ目は、汗です。汗には、普段の食生活がそのまま表れます。野菜を多く食べている人であれば、キツイ汗の臭いになることはありません。しかし、動物性のたんぱく質ばかりを食べていると、頭皮の臭いもきつくなります。

 

いずれの場合においても、毎日頭皮を清潔にしていれば、臭いを十分防ぐことができるでしょう。汗や大量の皮脂で頭皮が汚れてしまったときは、その都度丁寧に洗髪していれば、そこまで臭いがきつくなることはありません。